滅菌システム

滅菌機

高圧蒸気滅菌処理装置

高い圧力と高温(132℃)ですべての細菌・ウイルスを滅菌する代表的な方法です。

ガス滅菌機

医療器具の中には高熱・高圧滅菌では壊れたり、溶けたりするためそのままでは滅菌できないものがあります。そのような器具に対してはガス滅菌機を使用して、より質の高い滅菌処理をしています。

プチクレーブ

小型高圧蒸気滅菌器です。大きなオートクレーブだと滅菌時間は約1時間弱ですが、プチクレーブの滅菌時間は約15分です。機能は普通のものと変わりません。

 

器具の包装・保存

患者様ごとに診療基本セットを準備しています

基本セットとは、ほぼすべての治療に共通した使用器具のことで歯科用ミラー・探針・ピンセット・充填器・エキスカ等からなります。患者様ごとに個別包装してご用意しています。

矯正の基本セットも患者様ごとに準備します

エアータービン・五倍速(歯を削るもの)の滅菌を徹底しています

歯を削るためには、エアータービン・五倍速と呼ばれるものを使用します。これらの器具は歯を削る部分と、手で握る部分からなります。握る部分の一部はお口の中に入ります。削った後は器具の各所に削りかす、唾液、血液などが付着します。一般的にはアルコールで拭く、あるいは薬液につけるなどの方法がとられます。当院では、エアータービン・五倍速等は全て患者様ごとに滅菌処理したものを使用します。

 

衛生管理

コップ・エプロン

患者様ごとにエプロン・コップは使い捨てとしています。もちろん、注射針・麻酔薬・メスもすべて使い捨てです。ゴミに関しては、産業物処理法に従い適切な処理を依頼し、処理状況(マニフェスト)を適切に管理しています。

空気清浄機

診療室内と待合室に設置してあります。空気中に浮遊するウィルスやカビ菌を清浄化し、きれいな空気をお届けします。

スリッパの殺菌

他の方が履かれたスリッパを履くことに抵抗を感じられる方もいらっしゃると思います。スリッパは院内感染の原因となる菌をばらまき、感染源になっていることが問題視されていることから、当院のスリッパは紫外線照射による殺菌を行っています。スリッパの中にも殺菌光が届くように、と通常とは逆向きに並べています。殺菌灯による殺菌効果は、基本的に照射した場所にしか効果を発揮できません。ですから、奥まで光が届いていることが重要なのです。
このページの先頭へ戻る