Q&A

ホワイトニングに関して良くある質問

一度で理想的な白さにしたいんです

「何度も通うのは面倒だし、お金もかかるので、一度で理想的な白さにしたい!」と思われる方も多いと思います。
実は1度のホワイトニングで白さの段階を一気に上げることは難しくありません。
過酸化物薬剤の濃度を上げれば、一度でかなり白くなります。
その代わり、ズキーンと脳天を直撃するような痛みが発生し、神経が炎症を起こします。
また、歯の表面が便器のような不自然な白さになってしまいます。歯の表面も荒れるため、着色もしやすくなります。
肌の日焼けの場合、強烈な日差しの中で一気に焼くと肌にダメージが残ります。
だから複数回に分けて、健康的に小麦色の肌にしていきます。
ホワイトニングも何回かに分けて繰り返すことによって、歯にダメージを与えず、透明感のある自然な白い歯が手に入ります。

1回のホワイトニングで白さが2年は持つって言われたけど・・・

ホワイトニング効果の期間は、約3ヶ月から10ヶ月です。
飲食により再び歯の表面に着色していくのに加えて、歯の表面は脱灰といってエナメル質の表面が溶ける作用と、再石灰化といって自己修復してくれる作用があります。この再石灰化の作用によって、元の歯の色に戻ります。
ですから後戻りは歯の再生能力が正常に機能しているとお考えください。

ホワイトニングの機械はレーザーほかいろいろあるけど、どれがいいの?

レーザーホワイトニング、○○○○システムなど、ホワイトニングの効果はマシーン次第!という宣伝をときどき見かけます。
ホワイトニングに使用するマシーンはあくまで熱と光によって薬剤を活性化させるためのものであり、マシーン自体に歯を白くする効果はありません。
ホワイトニングの効果は薬剤の効能と症例経験の多さによるノウハウで決まります。

ホワイトニングってやりすぎると便器なような不自然な白さにならないですか?

ホワイトニングは天然の歯を白くしていく施術です。
天然の歯には透明感があり、ホワイトニングによって、それが損なわれることがありません。
便器のような白い歯は、本人がわざわざ歯科医師に人工の歯をそのように注文してつくってもらった場合、もしくは、濃度が高すぎるホワイトニング剤や温度が高すぎるレーザーのようなマシーンで一気にホワイトニングして歯が焼けただれた場合、そして個人輸入などで粗悪なホワイトニングを行った場合などです。
無茶な方法を取らない限り、自然な白さになりますのでご安心ください。

ホワイトニングした日はコーヒー、お茶、ワイン、醤油など着色するものは食べられないのですか?

私どもが施術後の着色性飲食によるその後の歯の色の変化を実験してみたところ、色戻りや着色などの変化はありませんでした。ホワイトニング当日は、歯の表面が活性化しており、着色性飲食物を避ける方が理想ですが、絶対ダメというわけではありません。

ホワイトニングは歯にダメージがありませんか?

ホワイトニングは、様々な大学や研究期間の発表により、「歯にダメージを与えない方法」としてその安全性が確立されています。
ホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素」・「過酸化尿素」であり、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。
他の副成分も食品添加物や化粧品の許可番号を得たものなど、安全な原材料を使用しています。

ホワイトニングの施術範囲に差し歯があり、その部分のホワイトニングできない場合は、その分値引きや他の歯を無料で施術してくれるのですか?

申し訳ございません。値引きも、他の歯を無料で施術することもお受けしておりません。

ホワイトニングの施術範囲は12本の範囲ということですが、もっと奥の歯もできますか?

中奥歯8本を含めて、最大20本の範囲まで可能です。
ホワイトエッセンス式ホワイトニングの施術範囲は、12本の範囲を受けられた方は中奥歯を1本550円でホワイトニングできます。
このページの先頭へ戻る